Just another WordPress site

販売はキャリアを考えたい

飲食転職の販売はキャリアを考えたい

飲食業界の販売の仕事というのはお店の店頭に立って物を販売する仕事ですが、この仕事をしていく中で将来はどのようなキャリアを歩むことができるのかを少し考えてみましょう。職場にもよりますが、販売店の役職の序列というのは大抵は販売スタッフをアルバイトなどで雇用して、その上に店長やマネージャーなどの正社員がいます。店長の上には本社の重役が並んでいるという形態になっている会社が多いですが、このようにして考えると飲食の販売の仕事で将来のキャリアはあまり充実したものではなく、なかなかキャリアを伸ばすことができないのが現状でもあります。基本的に今がアルバイトなら、目先は正社員を目指すことになりますし、飲食店で正社員になることができると次にそのお店の役職としては店長を目指すことになります。

ここまでなら誰もが努力で目指すことができる現実的な範囲だと言えますが、ここから先をどうするのか、これが非常に悩ましいポイントになります。

飲食会社はそれぞれの店舗があると共に本社もあります。もし、店長になることができ、その実績が報われるのであれば本社勤務など、ステップアップを目指すことも可能となってきますが、これは結果を出すことができても自分の希望が叶うとは限らないので、現実はやはり厳しいです。それならば、最初から本社勤務で仕事を探しておくほうが将来の伸びしろは大きいと考えることもできます。同じ飲食業界、あるいは同じ会社でも、今どのような仕事をどこでやっているのかによってかなり将来のキャリアは大きく変わってくるので、転職をするときは先の先まで考慮して、自分が最終的に何を目指すのかを考慮しながら転職先を選んでいきたいものです。そうしなければ、途中で上記のような内容に気が付いたときにそこからキャリアの方向性を大きく変えることが非常に困難になってくることがあります。その理由の一つは年齢です。できるだけ若い年齢の時にしっかりと将来までを見据えておき、どこをスタートにしてどこをゴールとするのか、これを考えておきましょう。

転職は本当に色々と考えると自分の希望を通しながらも仕事を探すことはとても難しいです。しかしながら、それをしっかりと考えなければ充実したビジネスライフを送ることができません。転職エージェントやハローワークなどを利用すると仕事について相談をしながら、キャリアを考えて転職活動できるので活用してみるとよいです。